手作りおせちレシピ・簡単に作れる豚かたまり肉の「さっぱり紅茶豚」


手作りおせちレシピ・簡単に作れる豚かたまり肉の「さっぱり紅茶豚」

日本のお正月に欠かせないおせち料理ですが、全部とはいかなくても数品だけでも手作りをする人も多いのではないでしょうか。

私はここ数年、楽をしたいがためにおせち料理は買ってしまいますが、結婚してから数年は、栗きんとんや紅白なますなど3~4品は手作りをしていました。

そこで活躍したのが、とても簡単に調理できるのに、見栄えがよく美味しい「さっぱり紅茶豚」という豚かたまり肉を使ったメニューです。

おせち料理に限らず、年末年始のちょっといつもとは雰囲気の違う食卓にも合う「さっぱり紅茶豚」のレシピを紹介します。

スポンサードリンク



手作りおせちレシピ・簡単に作れる豚かたまり肉の「さっぱり紅茶豚」

材料(4人分)

・豚かたまり肉(肩ロース or もも)……400~500グラム
・紅茶ティーバッグ……2袋
・お好みのドレッシングなど

※紅茶はお好みのものでいいですが、ダージリンやアールグレイなどシンプルなものがおすすめです

※調理時間:10分/放置時間:2~3時間

手順

紅茶豚の作り方

1. 豚肉と紅茶ティーバッグを鍋に入れ、かぶるくらいの水を入れて強火にかけます(写真は肩ロース400グラム)

2. 煮立ったら弱火にし、ふたをずらしてのせ、時々アクをとりながら50分ゆでます

3. 竹串をさして、豚肉から澄んだ肉汁が出るか確認します(澄んでいれば中まで火が通っています)

4. 鍋のままゆで汁が冷めるまでおき、冷めたら5ミリの薄切りにします
  ※冷めると浮いてくる白い脂のかたまりをとってから、汁ごと冷蔵庫に保存し、翌日薄切りにするとよりしっとりと仕上がります

5. 器に盛りつけ、お好みのドレッシングをかけて食べてください

スポンサードリンク



まとめ

「材料も手順もたったこれだけ?」と言いたくなるほど簡単な、紅茶豚のレシピを紹介しました。

おせち料理に入れても見栄えがいいし、かたまり肉は年末年始の食卓も華やかにしてくれるうえ、紅茶豚はほとんど放置時間だけでできてしまうので、おせち料理を手作りしなくなった今でも重宝しているレシピです。

ドレッシングをつけて食べる前に、ぜひそのままで一度紅茶豚を食べてみてください。

紅茶の香りがふわっと口の中に広がり、しっとり柔らかな豚肉を堪能できますよ。

 シャトルシェフを使用する場合

わが家ではシャトルシェフを愛用しているので、50分のゆで時間を以下のレシピに変更しています。

【普通の鍋の場合】
2. 煮立ったら弱火にし、ふたをずらしてのせ、時々アクをとりながら50分ゆでます

【シャトルシェフの場合】
2. 煮立ったら中火にし5分間加熱しながらアクをとります。シャトルシェフのふたをしてから火を止め、シャトルシェフの保温容器に入れて1時間放置します

※ゆで汁を冷ます時は、保温容器から出してください

シャトルシェフを使えばガス代もかからず、また目を離すこともできるので、かなり楽をして紅茶豚ができあがります。

関連記事:おせち料理の意味と重箱は何段にするといいの?祝い箸とは?

スポンサードリンク




コメントを残す